ただ、『怖い』恐怖、、、だけでは無いメッセージとは?

  • 2019.02.24 Sunday
  • 12:11

JUGEMテーマ:恐い話・不思議・都市伝説・怪談

 

 

 


迷惑電話、、、最近は多いですよね〜(^^;


私は商売の学校(商業高校)出身なので、
お金を得る考え方は商売人寄りです。

 

 

うちにもセールス電話は結構ありますけど、
これは元々人としての商売において、

 

『あるある』

 

と納得しております。

 

行き過ぎると迷惑セールスですけどもね、、、

 

 

問題の迷惑電話ですが、、、ね。

 

 

 


深夜にかかってくる


『無言電話』

 

など、、、


ちょっと引っ掛かりませんか?

 

 

 

しかも、

 

『同じところ』

 

から毎度毎度、

 

同じ時間に、、、

 

 

何回も、、、

 

 

『深夜にまで迷惑電話してきやがって、
よほど頭おかしい人間、
か、嫌がらせ行為!』

 

人為的な行為も
確かにあると思いますので、
そうお怒りになるのもごもっともです。

 

あなたが信じる信じないは
ご自由です。

 

あるんだかないんだかも分かりませんですしね、、、

 

 

『人為的ないたずら電話、、、』

 


人としてそれが一番いい考え方です。

 

 

 

 

 

まー、私の『妄想』だと思って
この先はお付き合いください!

 

 

 

 


【とある会社でおきた事、、、のお伽話】

 

 

 

AさんはO会社に勤めている普通の平社員です

その会社に勤務し始めて数年くらい、、、

 


ある日、
いつものように仕事をしておりました

 

その部署にはほかにも仕事仲間もいて、

 

和気あいあいと、、、

 

突然Aさんの前の電話が鳴りました。

 

いつものように、

 

Aさん:『はい、O会社でございます』

 

相手:『T●E●の○○です!』

 


つっけんどんで、
あまりにもムカつく態度での電話相手

 

なんだかAさんも相手の態度にムカムカとしました。

 

 

相手:『部長いますか?』

 

Aさん:『どちらの部長でしょうか?』

 

相手:『部長お願いします』

 


相手の強きな態度にさらにイライラ、、、

 

とりあえず要件を聞こう、、、

 

 

Aさん:『ご用件は何でしょうか?』


相手:『引き継ぎです!』

 


ガチャリ、、、

 


ツーツーツーツー、、、、

 

 

突然切られた電話に、
さらにムカムカイライラ、、、

 

Aさん:『引き継ぎ?なんなんだか、、、
確かにあの会社とは前に縁があったけど、、、
訳の分からないおばさん?いやがらせ?
ホント迷惑電話だったな』

 

まーいいや、嫌なことは忘れよ、、、

 

 

 

 

 


時に怖い『お伽話』もある

 

 

心を震わす、、、ことだってあります

 

『あ〜面白かった、、、』

 

そういうお伽話が一番イイ!

 

 

人の考えるフ・シ・ギって、
訳が分からない、
頭の中で片づけることができないことなど、、、

 

たくさんありますよね

 

 

分からないことは、

 

『忘れてしまうのが一番いい』

 

と、私は思うのです。

 


ちゃんとね、
切り替えスイッチのオンオフできる人にとっては、

 

人生においてちょいスパイス、、、

 

 

気が付くメッセージになる人

 

逆に恐怖として残る人

 

 

あなたの人生は一度きり、、、


人としての自分のレールを
走り続けて生くのが、

 

『一番の幸せ』

 

なのだと、
なんとなく私は思いますよ!

 

 

【陰陽絵巻お伽草子】

よろしく

お見知りおきください!!
 

『心に響く出逢い』とは、いつ、、何時(なんどき)、、突然に、、、

  • 2019.02.23 Saturday
  • 16:58

『涙の数だけ大きくなれる!』木下晴弘 著

 

 

私がこの本に出合うきかっけになった事柄は、

 

『あるレジ打ちの女性』

 

のストーリーを、

とあるところで目にしてから、、、

 

 

ちょうど私のココロも荒んでいて、

苦しかった時期でもありました。

 

『死』

 

への甘美な憧れを常に持ち続けていた私にとって、

 

心の中に衝撃的な風が吹きました。

 

 

他の話も読んでみたい、、、な、、、と。

 

 

 

『どーせやらせでしょ?』

 

とかいう人もいるでしょうね、、、

 

 

そういう人はどーぞどーぞ、

スルーしてくださいね(*^^*)

 

 

 

この書籍の最後に収録されている

 

『腐らないリンゴ』

 

の話は、

 

『奇跡のりんご』

 

とも言われている

とある農家さんが

頑張ったストーリー。

 

 

 

私が一押ししたい話は、

 

『ある生徒の高校受験』

 

ちょい前の話になりますけど、、、

大好きです。

 

うちの子にも主人にもこの話は

読んでいただきました。

 

 

人が気が付く、気が付かないは、

ほんのちょっと気を配ることができればいい、、、

 

 

優しいお話をどうぞ体験してみてくださいませ!!!

 

 

 

評価:
木下 晴弘
フォレスト出版
¥ 1,404
(2008-09-04)
コメント:熟読は号泣しても大丈夫な場所で、、、人によりますが、、、

あ〜、目的は敵を『笑い倒す』ことなんですか、、でも、、、皆さま方顔がひきつってます、、、

  • 2019.02.21 Thursday
  • 14:08

 

 

 

どうも私の耳が、、、

最近、、、

ソラ耳モーソーアワー状態で、、、

 

 

わかりずらいんだよね、、、

聞こえる放送や、

言ってることとか、、、

 

 

聞こえるものによっては、

変な妄想(変換?)しちゃうから、、、

 

ニヘラニヘラと笑っていて、、、

 

はたから見て、

変なヒトです、、、(*_*)

 

 

更年期障害とか

寄る年にはかないませんね、、、

は〜〜〜〜=3

 

 

 

 

 

--先日、出かけたときのお伽話--

 

 

 

このごろ外出先で和服のお着物姿の方を

よくお見掛けするようになりました。

 

老若男女問わず、

こういう和の文化を大切にするのはステキだな〜と。

 

 

私は、

聴覚過敏なところがあるので、

たま〜に

音楽かけないでイヤホンつけておりますけど、、、

 

ど〜も、

ナニカ、、、

『軍艦行進曲?』⇒わからない人は”おっけー!〇ーグル!”で検索

が聴こえて(に変換されて、、、)

くるような、、、気が、、、して、、、

 

 

その日は、

和洋兼用のポンチョ型のコートを着込み

綿の白手袋をつけておりました。

(手のキズに軟膏やクリームを塗っていて、素手だと痛いからなのです)

 

みょーちくりんに、

目深にボーシをかぶりたい、、、

気持ちに逆らえなくて、、、

ツバの付いた小さな帽子をかぶっておりました。

 

 

 

道を歩いていて気になって仕方ないことが、、、

 

『なんで、あの人軍服着てんだろ、、、?』

って、、、目を伏せてる方々が、、、

 

ハテ?、、、また妄想だろうな〜〜〜

 

 

好きなかっこをしているだけであります!

(ハイ、、けーれー)

気にせずにいこう!

 

 

 

その後、

最寄りの駅で電車待ち

 

 

耳にアナウンスが入ってきた、、とき、、、

 

『〜〜〜まもなく〜〇番線に、

せんしゃが参ります〜〜〜』

(いや、ハ〇ーポッターじゃないのだから、、、

、、、ここは電車だろうな〜〜〜)

 

 

なんかふと、思いついて考えた、、、

 

赤白の旗で手旗なんちゃら、、、

運動会に競技かなんかであったような、、、

 

 

最後はハーモニカでお見送り?、、、って?

 

 

『○○殿、御武運を祈る!!』

(全員けーれー?)

 

 

 

なんか、、後ろで言ってるような、、、

 

 

 

妄想でしょ、、、?

 

 

 

、、、一体、、、、、、?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔からわけわからんことを、、『フ・シ・ギ』、、と、定義づける

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 09:31

 

 

【子の刻】に起きた、とある『お伽話』

 

 


いつだかわからない時代、、、


とあるところに

 

隣の家が長者の
小さなお家がありました。

 

 

小さな家のご家族は
昔からその土地に
住んでいた者ではありませんが、
気に入って15年前から住み始めました。

 

新参者として
近隣の方々には
あいさつを忘れずに、と。

 

一生懸命にお声をかけたり、
早く馴染んでいこうと努めておりました。

 

 

5年くらいの年月が過ぎました、、、

 

そのころには笑顔でご近所の方々とも
話せる間柄になってきたのですが、、、

 

 

突然、、、

 

 

隣の長者が引っ越し、
新しい方がその土地に入ることになりました。


長者の家が取り壊されるときに、
新しく住み始めるという方々が
ご挨拶に参りました。

 

普通に挨拶を返したときに、
ふと、、、

 

『あ〜、お隣の大きな木から
毎年うちにやってくる、、、
いろんな柄のテントウムシたちも、、、
もう見ることはないのだろうな、、、』

 

と思いました。


長者の家が取り壊されて、
あの『木』も切り倒され、
土地が更地になりました、、、

 

 

その2、3日後、、、

 

 

まだ薄暗闇が残る明け方前、
寅の刻を過ぎたころに、

 

ある物音が、、、

 

 

『ゴロゴロゴロゴロ、、、』

 

 

まるで何かを転がすような、、、

 

 

そのあとは、、、

 

 

『ザッ、、、ザッ、、、ザッ、、、』

 

 

と、

 

地面を棒か何かで叩くように
穴を掘っているような、、、音、、、

 

 

小さき家の主はその音で
目を覚ましました。

 

怖いけれど、、、

 

とても気になり

 

障子の破れた小さな穴から
恐る恐るのぞき込んでみることにしました。

 

元長者の敷地の角の路地には
手押し車が停められておりました、、、

 

 

『ザッ、、、ザッ、、、ザッ、、、』

 

 

音はすれども、、、姿は見えず、、、

 

さらに怖くなって、、
見るのをやめて
布団に潜り込みました、、、

 

 

『、、ザッ、、、ザッ、、、ザッ、、、
、、ザッ、、、ザッ、、、ザッ、、、』

 

 

音はしばらく続いておりました、、、

 

いつの間にか眠りに落ち、、、

 

 

明るくなってお日様が顔を出したころ、

鳥が鳴く声で目覚めて、
障子を明け放して目視してみました。

 

 

何事もなかったかのように、、、


ただただ更地が広がっておりました。

 

 

夢にしては、

記憶が鮮明に残っていた出来事でした、、、

 

が、、、

 

さらに10年の年月と共に、、、
忘れかけたころでした、、、

 

 

自宅での仕事が行き詰まり、
深夜、亥の刻を回っても
終わらずに取り組んでおりました。

 

燭台のロウソクがだいぶ短くなって、
そろそろとりかえようかという頃、、、

 

戌亥の方角から

 

なんとも面妖な、、

 

ザワザワと心を騒がすような音が
聞こえてまいりました。

 

 

瓦の破片でもひっくり返すような、、、

 

 

『カラカラ、カタカタ、カサカサ、、、』

 

 

小さき家の主は、

 

『風でも出てきたのかな、、
枯れ葉の音かな、、、』

 

不審に思いながらも、

 

気はそちらの方角から離すことができずに、
息をひそめて成り行きを見守ることにしました。

 


音に気が付いたのは、
子の正刻からほんの数刻前、、、

 

今でいうと
深夜11時55分頃、、、

 

 

しばらくひとところで

 

 

『カラカラ、カタカタ、カサカサ、、、』

 

 

とした後に、

 

急にスッと、

 

まるで瞬間移動でもするように
音の気配が5メートル位前にある路地に
移動しました。


人にしては、動きが怪しいな、、、

 

 

すると突然、

 

 

小さき家の門前で
何やら話し声が聴こえてきました。

 

何を話しているのかは
聴き取れませんでしたが、、、

 

ちょうどきっかり子の正刻になった時に、、、

路地を一陣の風が駆け抜けるのを感じました。

 

 

その風と共に先ほどまであった

 

『気配』も、、、


、音も、、、

 

、、、消え去りました、、、

 


、、、、、何事もなかったかのように、、、、、

 

 

 

〽〜


祇園精舎の鐘の声

 

諸行無常の響在り

 

沙羅双樹の花の色

 

盛者必衰の理をあらはす

 

奢れる人も久しからず

 

ただ春の夜の夢のごとし

 

猛き者もつひにはほろびぬ

 

ひとえに風の前の塵に同じ

             〜〽

 

 

『今年のうちの白梅、、、』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二輪の蕾だけでしたが、

一つ花開きました。

 

紅白合わせて四鉢あり、
毎年開花が楽しみでしたが、

 

昨年には枯れ始めて、
この一鉢しか残りませんでした、、、

 

古来より梅の木は
魔除けにもなるとかならないとか、、、
 

『私』って、いろんな物事でできているのだなぁ〜

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 22:10

宗教活動というと、、、
眉をひそめる人も多い世の中ですけど、、、


実は、私は中学の時から結婚後1年くらいまで、
ある宗教を学ばせていただきました。

 

結局は自分の意思で
この道ではない方向を選び、
導いてくださった方に、
法衣などをお返しいたしました。

 

『そういう道もあるよな、、、』

 

と最後に言われた言葉。

 

一生懸命にいろいろなことを教えてくださったし、
悩み事なども聞いてくださった、、、

今でも思い出すたびに、
懐かしく、尊敬しております。


これ以上の迷惑はかけたくない、、、
そんな気がするので、

宗教団体名は伏せさせていただきます。


教えていただいたのは、
真澄寺【真言宗醍醐派】
真如三昧耶流

 

創始者は最終的には
醍醐寺から大僧正位を受けたお坊様でした。

 


法衣をお返しした今でも、
少なからず学んだことが日常生活に
浸透しているのを実感しております。

 

私は、あんまり真面目に

法会とかには参加していない人間で、、、

 

自分のいい加減さに申し訳なさを感じながらも、
そこのお寺さんに行くのは楽しみでした。

 

【雰囲気が大好きだったから】

 

法要後の、ほとんど人がいないお堂でも、
ただそこに居るだけで
なんだか温かい感じがしていたから、、、

 

もちろんチャランポランだから、、、
生きてきて苦しむこともありました、、、
多分これからも

 

 

法衣をお返ししても
死ぬまでず〜っと学び、、、

 

人間とはそういうもんやろな〜と、
思います。

 

 


もともと母方の菩提寺が真言宗だったので、
私にとってそこで学べたことはとても良かったです。

 

 

 


創始された当時は、
少ない人数でも集会などをすると
警察が来る世の中。

 

そんな中でも
開祖のお坊様は奥様と共に
歩んでこられた。

 

私はいやしんぼなので、
食べ物の話が大好きで、、、

 

会報誌?でのお弟子さんによる
ライスカリーの逸話が
一番大好きです。

 

まだ人数も少ない頃、
もともとは若い頃よりのご趣味だった
カメラでの写真がコンクールで入賞。

 

賞で頂いたお金でお弟子さん達と共に
レストランでライスカレーを食べた。

 

そのお弟子さんは
『あの時のライスカレーが
忘れられないのだそうです』

 

物資があまり無かった当時は
『ライスカレー』
は御馳走だったそうです。

 


もう一つ、

お弟子さんとの火の上を歩く修行の時には、

 

先にしっかりと歩き、
炎を踏みしめることをされたお優しさも、、、
大好きで。


瞳が輝いていたのと、
お優しい人柄、


ご家族と共に
苦労していらした人生のお話が
忘れられなかった。

 


私が学んでいた当時、

 

『話したくても
話すことができないご先祖様がいますよ』

 

と、そのお寺の位の高い方から受け取ったコトバ


何かの折に思い出しました。

 


昨年の秋のお彼岸で
母方ご先祖様の菩提寺でのイメージ妄想、、、

 

『人にはね、白と黒、、、
そして灰があるのですよ、、、
人が生きていくにはね、、
楽しいことを考えていくほうがいい、、、』

 

と、どなたかにほほ笑みかけられた気がしました。

 

 

ここまで通った道すがら、、、
いろいろな人や物事に、
出逢い、向き合い、離れて、、、
そして私となった、、、


今、ようやく理解し、
スタート地点にたてた気がしてなりません。

 

人にはそれぞれ、
合う合わないが在ると思います。

 

私は宗教家にはなりませんけれど、、、


今までもこれからも私の人生にとっての

 

【糧となった学び】

 

は、肉体が滅ぶまで感謝と共にいつも在る、、、

 

 

本当にありがとうございました!

えべっさん、、、たしか、、、商売の神様だったかなぁ、、、

  • 2019.02.17 Sunday
  • 08:03

私は商売の高校を卒業させていただきましたが、、、

 

商業科以外にも普通科の授業もありました。

 

 

元々が勉強嫌いだったので、

なんとか合格した学校、、、

というか、

その時の公立の試験がラッキーだった、、、

と思っております。

 

もちろん中3になって受験までの間、

できるだけがんばりました、、

人間的に、、、私なりにも

暗記したり、教科書や試験対策も、、、

ガリ〇リ君と勉強、、、

(アイスバーは、、、ソーダ味)

 

ただ、スタートダッシュが遅かったから、

希望の学校に入学できるかは、、、不明で、、、

 

本当に成績はアヒルが並んでおりましたから、、、

あと煙突も、、、

ちょぼちょぼ、、、と、お耳もあったっけ、、、

 

4と5は見かけたことがあんまりなかった、、、

そんな成績表でした、、、

 

自分でも難しいかもな、、、

とは思っていました。

 

生まれ故郷の県内で数校ある商業高校の中では

一番偏差値の高かった学校を希望していたから、、、

 

普通科の高校に比べれば、

偏差値も普通ラインだとは思いますけど、、、

 

それでもね、、、

試験当日はなんとかかんとか、、、

解答用紙に記入して、

なるたけ覚えておいた、、、

 

その時は大体、

公立高校入試験の解答は翌日の新聞に掲載されていたから、、、

 

必死で新聞で答え合わせをした、、、

 

 

『多分、、、大丈夫、、、』

 

 

念願かなって入学した高校では、

専門科目は楽しいのですけど、

普通科目はメタボロでした、、、

卒業時の進路が、、、

担任の先生を悩ませました、、、けど、、

 

 

そういえば、、、と、、

今思い出すと受験日に

面接の時の質問で、、、

 

試験官の先生:『あなたが尊敬している人物は誰ですか?』

 

まー普通なら、、

『両親』

とか

『祖父母』

とか

身内?でしょうね、、、

 

 

その時の私は、、、

 

『織田信長!』

 

即答だったせいか、、、

 

試験官の先生方が興味津々?な(^^;だった気が、、、

 

 

試験官の先生:『なぜですか?』

 

 

いや、、、ただ、強いから好きなだけ、、、

ともお答えできずに、、、

 

なんだかんだで、

 

『民に好かれていた文献を目にしたからです』

 

とお答えしました。

 

 

当時、高校の時の歴史のノートは落書きだらけ、、、で、、、

 

 

こんな感じですね、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


モノクロでしたけど、、、
 

 

当時クラスメイト達にも貸し出した、、

記憶が蘇りました。

 

 

もうすでに処分して手元にはありません。

 

今あれば、、、面白かったかな、、、

 

 

 

今頃、、、かもしれません、、、けれど、、

 

高校でお世話になった

『恩師』

には感謝いたします!(敬礼)

 

埼玉県立浦和商業高等学校、、、

白幡沼のすぐそばの立地が懐かしい、、、

 

ありがとうございました!(^^)!

 

 

 

 

 

うろ覚えの夢、、、朝になるとゆーうつな時も、、、

  • 2019.02.16 Saturday
  • 08:54

誰だって夜見る夢なんて全て覚えてないでしょうけど、、、

 

たま〜に、ちょこちょこっと場面は覚えていらっしゃると思います、、、

 

なんとな〜く、、、って

 

 

 

私だって御多分に漏れず、、、で、

 

 

朝起きて、、、

 

いい夢だったな〜って感じた夢は覚えていたいと思うし、、、

(でも、、思い出したくても忘れてしまっていて、、、)

 

悪い夢は、、、なんで嫌なとこだけ覚えてるんだーーー!

って叫びたくなる、、、

 

 

 

 

最近は、どうも、、、

25年前からの悪夢を見ることが多い、、、

 

入院していた当時のこととか、、

 

忘れてしまいたいんだよね、、、ホント

 

 

 

ここ数日は、、、

こんな感じなのですけど、、、

 

ピンポイントで覚えているイメージ場面だけ、、、

 

記録しておこうと思いました。

 

なんかカッコイイから

個人的なのですけど、、、

 

 

 

夢で逢いましょーーーの方?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いや、、、

どんな方なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こーいう世の中で生きてた方?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょい昔の方、、、か、、、
 

 

歴史は私はよくわからないけど、、、

学校のべんきょーキライやったもん

宿題もいい加減やったし、、、

 

誰でも見る、、、

夜の夢

って、、、?

 

一体、、、

 

人以外も寝ているときには

夢ってみるのだろうか?

 

 

う〜〜〜ん、

私のノー味噌では

わからんちんです、、、(*_*)

 

夢の中では助けてもらったみたいです、

 

『ありがとうございました』

 

夢でお逢いした方、、、

って気分でした、、、今朝は

 

 

 

 

『昨日よりも怖いかな』季節外れの肝試し、昨日よりもっと温かくしてお読みくださいませ

  • 2019.02.15 Friday
  • 00:25

とってもとっても不思議な、、、、大浴場、、、

 


昨年の夏休み、、、
家族で旅行に行きました。

 

すったもんだがあって、
どよ〜んと大変な時期ではあったのですが、、、

 

気分転換にと、、、

 

憧れてた場所に宿泊できたし、
行きたかった観光名所にも行けた、、、


まーーー、
オンシーズンの観光名所は
こんな感じかねぇくらいの人混み具合で、、、


体調的にはちょいしんどい時もありましたけど、
楽しく過ごせていたのです、、、よ

一泊二日の行程、、、

 


その日の夜の楽しみなお風呂。

 

主人と子供が先に大浴場に行って、

帰ってきて、
なんやかんやと遅くなり、

 

気がついたら、
夜も11時半を過ぎていました。


女湯も男湯も12時半まで入浴可能だったので、

 

とりあえず、
ひとっ風呂いってくるかな〜と

 

 

大浴場の入り口で
女性客が二人。

 

私と目が合って、
お二人で顔を見合わせてすれ違い、、、

 

脱衣所に入ると私一人で、、、

 

ちょうど浴室の扉を開けた時に、
誰かが脱衣所に入ってきてました、、、

 

 

浴室には二人の女性客がいました。

 

おひとりは湯舟に浸かっている、
中年くらいのご婦人、

 

もうひとりは、
上から目線で見た感じ
給湯スペースの一番奥に、、、


あ〜結構遅い時間でも
入浴しに来るお客さんがおるんやな〜
ってちょっとホッとしていました。

 

 

 

ここから、、、フシギで、、、

 

 

給湯のシャワーを出したら、、、

 

『アツッ!!』

 

湯の温度を下げていって、
やっと、
う〜んこのくらいかね、、、

 

って、、、

 

その間20代くらいの若いおねーちゃんが
浴室にはいってきて、、、

 

私、視力が低いからいつもメガネかけているのですけど、

 

旅行の時にはメガネはいつも浴室持参で、
目の前に置いてました。

 

裸眼でもそのくらいの年齢の女性だな
くらいはわかります、、、

 

ただね、、、
目の前の給湯器の温度をよくよく見たら、、、

 


『じゅ、、18度、、、?』

 


ちょ、、、ちょーどいいんですけど、、、

 

むしろ、、、体温よりちょい高いくらいで、、、っっ

 

ぜんっぜんっ気がつかなかったーーー!!

 

感覚で対応していたから、
黄色いラインギリッギリでした、、、

 

いつのまにか、
3人だった入浴客の女性が、
4人になっていて、、、


い、、、いや、、、なんかやばいよな、、、

 

本来人間の体温って、、、え、、、と、、、

 


と、、とりあえず、、、
シャワーの湯温上げよ〜〜〜〜〜

 

20、、30、、40、、42、、、度、、、


『あ、、熱くないよな、、、は〜〜〜〜〜=3』


ホッして、湯船に浸かるかね〜〜〜って

メガネをかけて振り返ってみる


湯舟は斜めすぐ後ろ1〜1.5mくらいのとこで

 

ん?さっき浸かっていたご婦人は?
確か、、、あの20代の女性に
あいさつする声きこえてたよな?

 

それに、一番奥の給湯スペースにおった方、、、

 

、、、いないな、、、

 

出ていく気配、、、
あったっけ?

 

私も慌てていたから気づかなったんでしょーーー
、、、ははは、、、

 

でも、、、なんか、、、
その湯舟に入る気にならなくて、


若いおねーちゃんは給湯スペースにおったけど、、、
たしかもう一人も、、、おるなぁ

 


その大浴場はガラス越しの別部屋にもう一つ湯舟があった

 

そっちにしよう、、、


ガラスドアを開けて
別部屋の湯舟に浸かる、、、

 

『あ〜〜生き返る、、、いい湯だなぁ』

 

ガラス越しに向こうの浴室も見えて、、、

 

あれ?あの若いおねえちゃん、、、
いないな、、、


身体もあったまったから、
浴室を出た、、、

 

後にした脱衣所には2人くらい女性客がいたな〜〜〜

 

ちょうど私が脱衣所の棚の前に立った時
入って来た隣の女性に話しかけてみた、

 

『どこから来たのですか〜?』って

 

『ああ、ええ、この近くのところで、、、』
 
少し話をして、
私は大浴場を後にしました、、、

 


多分時間は12時は過ぎていたハズ、、、

 

入浴可能時間は12時30分まで、、、

 

こんな時間になっても
結構入浴しにくるのだな、、、

 

 


いや、、、
大浴場に行っていた、、、
と思うんだよね、、、、、
確かに、、、

 


ごたごた、ごった返してた観光旅行、、、
だったな、、、

 

 

 

だって、、さ〜、、、
足があったんだよね〜〜〜
みんなちゃんと、、、

 

 


あ〜〜〜あ、、、、は〜〜〜(-_-)=3


また勘違い妄想かな、、、

 

 

足あり
 

『私は怖かったから』季節外れの肝試し、、、温かくしてお読みくださいませ

  • 2019.02.13 Wednesday
  • 23:06

インターネットで初めて体験、、、した、、、

 

 

 

 

私の手元で起こった事象です。

 

 

 

昨年の春ごろの話になります、、、

 

 

夜遅くまでインターネットで検索したり、

作業をしておりました。

 

元々私のPCはノートなので、

どこの部屋でも作業可能なのですけど、、、

 

 

その夜は寝室で後ろで主人が寝ており、

隣の部屋にはゲームで楽しむうちの子。

 

ついつい、インターネットに夢中になりすぎて、

気が付いたら深夜3時〜、、、

 

 

ふ〜っと一息つく感じで、

マウスから手の力を抜いたとき、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

こ〜んなバナーが目の前に、、、
 

 

もちろん、書き文字は一切ありませんでした。

 

大きさもちょうどこのくらい、、、

 

 

 

あまりにも驚いたので、、、

 

脇に置いていた

『オルゴナイト』を

 

 

ピタっと

 

画面に押し付けてみた、、、

 

 

恐る恐るオルゴナイトを離してみると、、、

 

 

 

影も形もない、、、、、

 

 

 

ちょっと、深夜には背筋が

スーーーーっとした出来事でした、、、

 

 

 

はっと気がついたら、、、

音が戻ってきて、、、

 

何事もなかったかのように、

子供がゲームで遊ぶ音が、、、

 

 

 

映画のサ〇コさんみたいでしたけど、、、

気をつけたいですね、、、
 

 

 

 

信じる信じないはあなたの自由です、、、

 

インターネット空間にはいろんな【ナニカ】が

いらっしゃるのかもしれません、、、ね。

 

 

最近は、リビングルームの照明が突然消える、、、

結構、数回、、、

 

いや、、、LED電球なのですけど、

LEDの前は普通の蛍光灯電球だったんですけど、、、

年末に突然フッっと消えちゃって、、、

交換したんです

 

 

できれば

『人為的なもの』

だと、、、希望、、、したい、、、な

(いや、、、何のために?っていうとわからんちんなのですけど、、、)

 

 

コエーのよ、、、

 

ちょっと急に消えるのはヒキョーというか

ビックリ玉手箱ですΣ(゚Д゚)

 

 

元々は視える人じゃないから、、、

最初は余計に怖さが倍増してたけど、

年末年始には、、

そういった現象?にも慣れてきたヨ、、、

 

ダ・レ・カ、、、

生きてる誰かの仕業だって言ってくれないかな〜〜〜(泣)

 

まー人為的でなく、

霊体の仕業だとしても、、、

 

生前は誰かのご家族の方だったのだろうからな、、、

 

そう考えると、、、

ちょっと怖さが軽減するなぁ、、、

 

 

どうにもね〜

夜はね、、、

ある時間を過ぎるとな、、、

 

『お化け屋敷』

 

にだけはしたくないのですよ、、、、

 

 

まいった、、、

 

 

???いたずら???

 

 

ここは日本だから

『トリックオアトリート!』

はいらんのですぅううっっ!

 

いつも手元には浄化グッズをおくようにするしかないなぁ、、、

 

 

まー私は昔から電化製品様方とは

アイショーが悪くて、、、

 

たま〜に機嫌を損ねると

洗濯機様などは、、、

その日は何回もエラー、、、

なんで?

ちゃんと洗濯してるよ、

いつものように、、、

 

スマホ様の電源コードも、

気に入らないのだと、、、

充電ヤダ!って

ボイコット?

 

どーして?

え?

純正品希望???

 

これからは大事にしてあげることと

相性を考えていかないと、、、

なぁ、、、(*_*)===3

 

あーー、私の妄想ですから、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

目安箱ってあるのかな? -----匿名希望なんだけど、、、も

  • 2019.02.13 Wednesday
  • 11:09

【少子高齢化および廃校問題に対する見解として】

 

政治的な意見みたいなもんはキライだから
あんま言いたくないけどな、、、
こういう見解はこれきりにしたいものです!!

 


今は日本のすべての経済を潤滑に回すこと
で収益を得たほうがいいんじゃね?

 

ちゃんと経済力上げりゃ
どこんちの給料だって上がるだろうに、、、

 

政治家の政党同士で反発議論してねーで
ちゃんと経済回しゃいいのに、、、

 

『金』少ないから奪い合うんじゃないか!

いろんな政党で予算奪い合ってんなら

 

『金』を生み出す仕組みくらい
計画すりゃいいのに


はっきし言って、
国レベルでの赤字過ぎだと思っております!

 

無駄な金の流れを止めることを検討するよか
今は収益あげることを考えていったほうが
速い!!!

 

生産性を上げた方がどこも『金』が回って潤う!

 

 

【現時点で一番問題となっている事柄とは?】


少子高齢化
待機児童問題
70歳まで年金支給が伸びんのなら
高齢者の就業場所の確保


少子化によって増えつつある学校の廃校利用での
【トータル的な保育・高齢者施設】


時間利用の託児所&高齢者施設
デイサービスみたいなもん?

 

民間の企業が数社入る形で
最初の資本金や運営をカバー

 

利用料を抑えるようにすることはもちろん、
ですが、利益を出して運営が軌道にのらないと
存続は難しい、、、こともお互いに考慮に入れていく
(要:運営者側と利用者側の意見の一致)

 

あくまでも
日本が得意な『サービス』
で収益を得ることにすれば問題ない

 

おもてなしというよりは
まごごろ込めてみんなで運営っていうか、、、

 

協力体制が重要となるけどな〜

 


なんか懐かしいな、、、
なぜだろ、、、

 


小さい子供がいて働けない女性
シングルマザーの不安
仕事のキャリアを捨てざる負えない現状

 

育児の不安がなくなれば、
子供を産みたい育てたいって思うものでしょう?


各ご家庭で経済能力が上がれば
少し気持ちにも余裕が出んじゃね?


東京オリンピックまであと何年だっけ?
資金繰りも大変でしょうから、、、


民間の方々の無理だよー出せねーよって、
税金絞るくらいなら

 

日本中の経済回して、、、

各ご家庭の収入増やしてあげた方が
税金渋られることもなかろうに、、、

 

そうやって資金調達したほうがよくね?

 

 

 

【ま、地方の方々が弱気になってんのは、
土地神さまたちの力がちびこくなってしまった、、、
ような氣がするけど、、、な、、、

寂れてく小さな祠や神社さん見ていくのが忍びなくてね、、、

私はこれから先の人生は、
日本国中の神社仏閣にできうる限り祈願参拝したい、、、
参拝できるところだけになってしまうかもしれないけども】

 

 

 

働くおかーさんたちにとっては、
朝早、夜残業対応だと嬉しいよな

あとは、
自宅近辺か、職場近辺、駅近ならベスト!


高齢者と子供、、、


預けられた利用者たちがお互いに
交流できる場になるから、
意思疎通不足や思い込みによる
ケンカとかには気を付けた方がいい、、、

 

ある意味、西洋でいう
『モン〇ッソーリ?教育理論だったかな?』
年代の違う子供たちに触れあう教育だったっけ?


高齢者の昔話とか、、、は、
(経験やスキルも生かせる場として、、
生きる希望にもなってくれないかな、、、)

 

今は祖父母と離れて暮らしてる世帯も多いし、、、

 

耳の痛いお説教とは違って、
昔話調?っての?
ちびこいのは珍しけりゃ聴くんじゃないかな

 

やっていいこと悪いことも
自宅でできないとこのカバーになればもっといいな〜

 

ちびこいのの話も面白いから
聴いてみると楽しいです

 

お互いに年齢的なカルチャーショックの緩和にもなるし

お家で疲れて話も聞けない、
余裕ない親が多いからな〜

 

話を聴いてくれる大人がいりゃ
子供も親も精神が安定しそうだよな


古いものと新しいものの融合で
面白いことになるかもしれない


憩いの場?


昼食夕食などの食事面も給食設備がありゃOK


衛生面の問題はあるけど
売ってる弁当ばっか食うよかいいよね

 

カフェみたいなの、できないかな〜
売店併設で

 

ちょっと広くとって
(体育館?やナンチャラルーム、、
家庭科室?に併設してる教室の壁を壊すとか)

要改装工事、、、がちょい問題かね、、、

 

『匠』にたのめないかな〜〜〜『ビフォーアフター?』


光があふれるあったかい雰囲気のカフェになればいいな〜

 

利用者の親や子供達の話し合いの場にするとか


話したいこともあるだろうし情報交換とか

親子で軽く夕食食べて帰ろっか?って。

 

利用は時間制がいいよな
もっとも働いてる方々は忙しいだろうから、、、大丈夫だと思う

 

ここさ〜、
虐待児童の子がご飯食べられるようになると尚いいなぁ〜


ただ、体育館は運動する場として確保しておきたいな

子供って雨の日でもじっとしていられないから


お昼寝ルームは?


カーペットみたいなの敷くだけならなんとかなんないかなぁ

ご自宅から、羽織ものは各自持参してもらうとか、、、

 

ちびこいのは、
はしゃいですぐころっと寝てしまうから、、、
気持ちがいいところだと、、、

 

あとは室内の温度湿度管理、、
空調、、、かな

 

 

癒しのものも導入
疲れてる人が多いから、、、
(低料金で可能か検討)

施設利用者だけの
母たちやご家族の方の利用も可能とする

 

介護してるご家族もすごく疲れてる、、、だろうから
(そこで働けるようにしてあげられれば、
一緒に自分の親見ながらだし、、できそうだよね、、、)


駐車場、駐輪場なども確保、校庭の一部を整備したり、、、

校庭の一部を畑にしても?

校庭や体育館でそれぞれの行事や説明会もカバー

 

微妙な若い高齢者?(といったら失礼かな?)の就業場所にもなる

 

小規模医療センターも併設すりゃ完璧!


いろんな方の表現の発表場とかは?体育館?
(アーティスト(展示?)・芸人さん・演技・ダンス?とか?)

 

ちびこい子や高齢者の方々に触れてもらって
知ってもらう目的!
(新しいものから古典まで、、、)

 

若手の修行中の方々かな〜、、、


気持ち程度の報酬も差し上げる
もちろん無償提供の方は大歓迎!!
交通費や食事代くらいはボランティアでも貰ってもいいそうです、今は
(ホントに必要経費ての)

 

それぞれの専門家はエキスパートだから、、、
まずは、予算かけない状態でなんとかなんないかね、、、と
相談していって本人にとって
無理の無い最低必要経費は計上してもらうこと!


各家庭、無償で備品提供の声掛けはしてみる
使えそうな吟味も必要となる

 

予算が足りなきゃ
不燃ごみ(ゆめのしま?)
でまだ使えるものがあること


昔、テレビで特番?してた、、、な、、

 

捨てられてたものだから不衛生って
考え方の人は来なくていい!!的な考えでいく

 

消毒して綺麗にすれば使える物だってある

 

 

【問題点】

 

入浴設備は無い

 

宿泊設備も無い

 

しっかりとした人材・人数が必要だし
バリバリ働きたい方には不向き

 

あと無償での採用は却下!!
仕事が雑になる、、
結局金もらって働いてる職員にヤキモチやくから

 

もちろん普通の企業で働くよりは低賃金となる
(最低時給賃金は考慮すべき)

 

有償ボランティア?っていうんでしょうかね

 

短時間でのパート・アルバイトがメインになるので、
しっかりとした正社員やバックエンドも必要

 

学歴云々ではなくて、
面倒見がいい人だろうなぁ、、、
人情味に厚いけど、
同情しすぎない人?
やりすぎない人?かなぁ

人にとっての『ナニカ』が分かる人?

 

贅沢な要望を取り入れれば取り入れるほど
先延ばしになる、、、

 

早急に開設したほうがいい現状を踏まえて、
ま〜予算的に大仰な工事はできないだろうな、、、


高齢の主婦の方とか、、、子供巣立ち世代とか、、、
もうちょっと自分の好きなことやれるといいな〜って。

もう少し余裕欲しいなって。

私だってそう思う、、、

 

育児経験者なら、
子供の世話も高齢者のお世話だって可能

介護士資格、保育士資格、眠ってる女性って結構多い
あと看護師も、、、

 

70歳まで年金支給伸ばすのなら、
男性も女性も働く場所を確保しないと

 

今はね、、、
働けば働くほど収入が得られる体制の方がいいな
がんばっただけもらえる


収入ゼロよかいいでしょ?
ひと月1万円増えるだけでも、、、


宝くじ狙うよかいいと思うんだ、、、


イッキに大勢は無理、何事にもね、、、
試験的に少しずつ、それぞれのクラスを
増やしていけばいいんじゃね?

 

まず今その廃校の学校でできることから、、、

いろんなところで、

 

春は人事異動が多いから、、、な


その都度、
問題点やらを解決していく姿勢がイチバンいんじゃね?

 

あくまでも私は専門外なことなので、、、
できる方々によろしくお願いいたします!
って気持ちです

 

 

勝手なこと発言してごめんなさい、、、(*_*)


---小生意気などぶねずみより---

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM