怖いもの知らずで、経験も無し!

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 17:45

 

 

【虫の知らせ】

 


私が中学生の頃、友達から聞いたお伽話

 

多分、大東亜戦争の頃のお話だと思います、、、

 

どこのご家庭でも召集令状が届くのが、
恐怖だったそうです、、、

 

私が聞いた話のご家庭にも、
御多分に洩れず、
ご主人に『アカガミ』が届いた、、、

 

奥さまは、、、後ろ髪を引かれる思いで、、、
ご主人を戦争に送り出した、、、

 

 

 


その数ヶ月後、、、

 

 

夏の暑い日中、、、

家の玄関で音がした、、、

 

奥さまは聞き覚えのある
足をドンドンと踏み叩く音に、
心がドキドキ、、、

 

 

帰って来たんだ!

 

 

期待まじりのお顔で、、、
玄関に向かった、、、

汗が額を伝うのも構っていられないほど、、、

 

音がした、、その場所へ、、、

 

 

 

夏の日が差し込む土間には、、、

 

 

 

、、、誰もいない、、、

 

 

 

、、、蝉時雨がシャンシャンと、
頭の中で響きわたる、、、

 

 

 

その後日、、、

旦那様の戦死の手紙が届いた、、、

 

 

 

 

 

 

 

【京都 貴船さん奥の院の伝承】
『丑の刻参り、、、とか、、、』

 

 

そんな真夜中に人気の無い山奥には、
地元の人でも行かないと思いますよ、、、

フツーは、、、

 

知人から聞いた

『20代の若者たちの肝試し』
の話は、、、


途中で逃げ出して、、、
その後は全員沈黙、、、

 

そう、、伺って、、、

私も、何も言えず、、、

 

武勇伝だとか、、、
怖いもの知らずというのにも、
行き過ぎてはいけないもの
あるのかもしれないな、、、と。


話したくなくなるほどの、、
ナニカって、、、

 

、、、恐らくは、、、

 

 

 

 

 

 

 

【あるトンネルの怪】

 

 

4人グループが車で肝試ししようと、
ある、曰くつきのトンネルに行った。

 

 

深夜のトンネルで、、、異変???

 

 

ナニがあったのかは分かりませんけど、、、
怖くなって、全員慌てて車に乗りこみ、、、

 

、、、逃げる、、、

 


途中で、あれ?
アイツは?

 

辿りついたファミレスの灯りの中で、
仲間のひとりが居ないのに気がついた、、、

 

、、、確かに、

 

車に乗りこんだ時は4人だった、、、

、、ハズ、、、


顔を痙攣らせながらも、、、
友達のひとりが嫌だと言いながらも、、、

 

慌ててUターン、、、

 


幸い、トンネルの数十メートル手前で、

蒼白い顔のアイツを回収、、、

 


ただただ、、キョーフ、、、だった、、、と、、

 


あの時、一緒に乗り込んだ、、、
、、のは一体、、、

 

ナンだったのだろうな、、、

 

 

 

 

肝試しの際に『一人多い』というお伽話は
よくあります、、、

 

私が聞いた他の方の話では、

 

通っていた当時の学校に深夜忍びこんでとか、、、

(一昔前はゆるい感じでね、、、セキュリティー、、とか、、、)

 

途中暗がりの中で、

点呼をとったら何故か一人多い、、、

 

『ふざけるな、、よ、、、』と、、、

 

何度点呼をとっても一人多い、、、

その多い一人が誰かもわからなかった、、と、、、

 

魔境?に繋がってしまう時間ってあるのでしょーか、、ね?

 

騒いで、見つかって、、、
当直の先生か、主事?警備?の大人に叱られたとか、、、

 

 

 

私も子供のころは不思議 怖い話 オカルトに 興味津々 で、、、

 

今では都市伝説?っていうのでしょうかね、、、

 

怖いもの知らず でしたね、、
そーいう経験無しやったから、、、

 


ヤバイ!、、、と直感で、
感覚で感じた、、、その最初の瞬間に、、、

 

逃げるべき、、、

 

だと私は思います。

 

 

自分の何を信じて、
何が信じられないのか???

 

不思議だな、、、

 

他人に聞かないと分からないのだろうな、、、

 

今は、、、

 

 

私は『鳥肌』たつなーーー

 

 

 

それと、、、

 

【百聞は一見に如かず】

 

とか、、、

 

 

自分に
カンケーの無い事まで
見たがり、知りたがり、
首を突っ込みたがる、、、

 

そんな人が、おーいなー、、、

 

知ってしまうと、


誰かに
話したくなるよねーーー(^o^)〜”

 

 

私の性質は、ね、、、

 

【石橋を叩き壊してしまう】

 

タイプのよーです、、、

 

 

【君子危うきに近寄らず】

 

 

人って、、、落ちるほーが、
登るよりラクだと、、、

 

言われているそーで、、、

 

速いし、、、

 

 


そういえば私は子供の頃から、
遊園地に行っても、、、

 

数時間で帰りたくなってしまう、、、

 

たーだ、ぷーらぷらしたり、
アイス喰ってみたり、、、

 

ミラーハウスで迷子になってみたり、、、

 

謎解き迷路は好きなのですけど、、、
制限時間無しだったらベストですね(^_^;)

 

優しい乗り物、、メリーゴーラウンド?

優しい?ジェットコースター?
(人力とかゆるい感じのね)
ぐらいにしか乗れねーのです。
【こどもの国(横浜のテーマパーク)にある、足こぎコースターっていいなぁ】

 

あーー、
東武動物公園(白虎さんがいるトコ)

【レジーナ】は好きだった!


元々私は、絶叫系が苦手で、、、

 

横移動は大丈夫そうだけど、
後ろ向きで戻ったり、
上下?逆さま?に動くのも

 

ダメです、、、

 

特に、、、
フリーフォールは苦手なのです、、、

 

あと、振り子原理?の、、、
なんちゃらパイレーツ?
も苦手ですね、、、

 

吐きたくなるから、、、
(他のお客様にもメーワクでしょ、、吐いたら、、、)

 

 

あーーーお化け屋敷系も
嫌いです、、、

 

私の場合は、
心臓、、、止まっちゃいそーで、、、

 

学園祭とかの出し物、、、
脅かす側ならダイジョーブなのですけど、、、

すっげー怖がってくださって、、、
思惑どーりだったっけ、、、?(^^;)

 

 

TDLの
海賊のパビリオン?

なんちゃらマンション?
は大好きなのですけど、、、

 

どちらかで、、、

 

『命あっての物種だーーー!』

 

って、、セリフ、、、、

たしか、、、

ヨーホー、、のほーだったかな、、、

 

 

自分がどこまで関与するべきかの判断基準って、、、

 

他人から指図してもらうもの?

 

自分の海図は自分の羅針盤【コンパス】でしか、
確認が取れないのでは、、、???

 

 

そうそう、、、因みに、
ボルダリングは一度だけ、、、

 

子供と一緒に楽しみました、、けどね(^^)

 

 


 

 

 

 


 

 

 

もうすぐ子供の日【伊達さまの鎧】

  • 2019.04.22 Monday
  • 19:58

 

その前に、、、

 

 

以前このブログにてご紹介させていただきました、、、

 

『涙の数だけ大きくなれる!』
     --木下晴弘著--

 

その書籍の中の

『あるレジ打ちの女性』

の話が、、なんと、、、

 

、、ウチの子の
『中学3年道徳教科書』
に掲載されていて驚きました(-。-;

 

じつは私、、
中学時代、小学時代は、
道徳の教科書を読むのが好きでした(^^♪

 

当時何度か読んだのが、、、
『羅生門:芥川龍之介』
『玉虫厨子』

(すっかり内容を忘れてしまいましたが、、、また読んでみたいです)
『王貞治さん物語』
あとは、、、思い出せませんけども、、、


今後も
『道徳』
という授業で、
子供たちが、
【命】
に向き合う機会になっていけばいいなぁ〜
なんて、、、


えらそーに思ったり、、、(;^ω^)

 

 

 

鎧兜、、、
飾って想うのは、、、

 

端午の節句(こどもの日)には、
菖蒲湯:しょうぶゆ
に入浴して、、、

 

強くすくすくと
育って欲しいな〜〜〜と(親心)

 

小学校卒業までは飾っていましたが、
ここ2年間は、
しまいっぱなしにしておりました。

 

鯉のぼりの方は、
素材のせいか、、、
ボロボロに劣化してしまい、
『ごめんなさい』と念じ、
残念ながら処分しました、、、

 

私の実家は姉妹なので、
男の子の節句は結婚してから、、、


『粽:ちまき』

 

も主人の実家で初めていただきました、、、

 

笹?にくるんで結んであって、
細い三角錐の形、、、

 

笹を一枚ずつ開いていくと、
柔らかな白い餅

 

ほんのり甘くて素朴なもちもち、、、
『すあまに似ていていいな〜』

 

 

主人の家ご用達の
和菓子屋さんの柏餅は
いつも楽しみで、、、

 

あんこは苦手なのですけど、
ここのお店のは美味しいのです。


特に豆大福はダイスキ!

 

あーーー、
ホントはね、、
柏餅は味噌餡が好みなのですけどね(#^.^#)

 

 

 

 

 



伊達さまの鎧は、
ウチの子が生まれた時に
私の実家からいただきました。


母が選んでくれたものです。

 

 

【伊達政宗】様の鎧は
今だに人気が高いのだそうで(^^♪


兜の前立ては
『三日月』

〽〜〜〜曇りなき 心の月を先立てて 
          
      浮世の闇を照らしてぞ 行く〜〜〜〽

 


仙台は幼少の頃住んだことがあり、
七夕や青葉城恋唄を今でも思い出します。

 

ずんだ餅は今でも好き、牛タンも、笹かまも〜、、、

 

父からは、浦がすみ禅という日本酒を教えていただきました。

 

 

当時は、
父の会社の転勤で3年くらい滞在してました。

 

母は朝早く起きて、
父の出社前に数時間だけ、配達?のような
アルバイトをしていたのだそうです。

 

私は1、2歳頃、、、
母も慣れない育児で、
近所に知り合いがいるわけでもなく、、、

 

(若いおかーさんの育児、、ってのは自分で体験してわかりました)

 

当時は無理して、
月1回しか走らない
特急列車(夜行?)のチケットを購入して、
実家(関東圏)に帰っていたのだそうです、、、💧

 

新幹線はまだ無かったし、、、
時間もかかっただろうな、、、


そして、、、
オイルショックで大変な時期も重なっていた時代、、、


若かりし父母、
転勤は一度だけだったと思いますけど、、、

 

私が3歳ごろ、生まれ故郷である
関東圏に戻り、、、

 

仙台では、ちょうど幼稚園の入園申し込みまで
していて、、、

 

丘の上の西洋系の幼稚園?
(小さな私も『楽しみ』にしていたのだそーです)


時期も時期で、、、


母は慌てて、
実家の通園距離可にある、
幼稚園(仏教系)の手続きをしたのだそうです。

 

 

 

どんな人でも、
それぞれ、、


育児は大変、、、

それはいつの時代でも
同じだと思うんですよ、、、
私はね、、、

 

 

 

【追憶】の彼方にある、、

 

私の中の


『松島』

 

は、

 

今でも、
思い起こすと、、、

 

船で回った、
あの時と同じ、、、


白波と美しい島々、、、

 

いつまでも、、そのままで、、、

 

 

 

 

 


 

この世、、、現世において、、『人の路』って、、なんだろーな?

  • 2019.04.20 Saturday
  • 16:49

人造ってなんだろ〜?
、あ?、、【人道】
、、、入力間違えた、、、(;^ω^)

 

 

今年は、、、2019年、、、

 

和号が変わる祝すべき年、、、
なのですけどね、、、

 

『古臭い』
と言われようと、、、

『ビンボー臭い?』
と言われようと、、、

 

日本の祝日は、
子供の頃から忘れられない
休日でした、、、

 

家族【祖父祖母など】には
よく『何の日?』
って聞いてたなーーー

 

私の母方の祖父は、
戦争に行って帰ってこれた人でした、、、

 

【運が良かった】
のだと思います、、、

 

腕には祖母の名前を刺青されていた、、、
【D-51】が好きだった『おじーちゃん』、、、

 

一緒に住んでいたけど、、、
無口なイメージしかない、、、な、、、

 

確か、、、
軍医の隊に居たとしか、、、
戦争の話をしてくださらなかったけれど、、、

 

 

 

、、、今の、、日本の祝日、、、
『ハッピー?マンデー??』、、、

 

確かに連休になって、
体を休めるのにはいいのでしょうけど、、、ね、、、

【オツカレサマーディ?】

世に疲れている人が

沢山いらっしゃるのもわかっておりますから、、、


日本の祝日って、
元々は日にちを重視したものではなかったっけ???

 

祝祭日は赤すーじだったし、、、
【旗日:はたび】
ってゆー呼び名もあったなーーー


最近、、、

『あれ?このお休みの日って、
【何の日】だったっけ?』

って、、、

 

???わかんなくなっちった、、、、?

 

 

西洋だと、、、
いたづらしちゃうぞ〜〜〜ディ
はわかりませんけど、、、

 

キリスト教圏での記念日は、、、
たしか、、、

【クリスマス:聖降誕祭】
【サンクスギビング:感謝祭】
【イースター:復活祭】

とか、、、あとは、〇月の第何曜日?

 

守護聖人様方の、、、ナニカの日??

 

Patriciusサマの【ナニカの日】が、、、

どーも気になってるこのごろで、、、
す、、、なんだか、、、

【緑色】がキーワードみたいです、、、(;^ω^)

 

 

 

 

私は元々、


『特別』『変人』『唯一』『一番』
という言葉は大嫌いでした。


『天才』という言葉ですら、、、


なんか、、、

生まれつきの能力でイイネ〜って、、【イヤみ?】

 

他人から、
まるで人間として、、、

『頑張って無いっ!』

て、言われている感じがするから嫌いで、、、

 


私が生まれてから今まで求めてきたのは、


『鬼【神】才』:きさい


= ある一つの道で様々な人としての努力の末得た

神レベルの表現技術ができる人間


この表現の方が人間的な努力の賜物の気がしてなりません

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方(ToT)からは、、、
昔から私のことが『ダイスキ』とか、、、
『アイシテル』とか、、、
『アイツは特別なんだ』と伝わってくる割には、、、 
お祝いの言葉も無かった、、、なーーーーー

『生意気な奴』
っていうのは言われた気がーーーーーー

 

『こうすれば(あいつ)の価値が上がる下がる』
ってナニ???

 

挙句の果てに、、、

『しんだほーが、、、⤴☝☝☝』って???

 

【人】としてのナニ

 

画家のゴッホってね、、、
耳を自分で切り取っちまうほど、、、
ナニカに苦しんでたようで、、、
何故か、、、
死後に絵の価値がバカ高くなってんだよね、、、
生活も苦しくて、、、
唯一信頼していた人は、、
弟(テオさん)だけだったな、、、
画家活動応援や生活支えたりさーーー
歴代の有名画家ってそういうの多いよなぁ、、、
今頃天界?でどー思ってんのかな?
ゴッホさん、、、】

 

 

 

 

 

この先は、
ちょい私の妄想レベルの話になりますけどね、、、


生霊【いきすだま】ってのは
昔から伝承はある、、、

 

う〜ん現在の医学専門用語でいうと、
手塚治虫先生のブラックジャックにも物語があった
【人面瘡:じんめんそう】とか?
に成り得るのかも、、、

 

ただ視覚感知できなくてもどうかは、、、???

 

※『瘡』【かさ】
辞書で調べると、皮膚にできる腫れ物
『梅毒』?って俗称もあって、、、
なんか不思議だな、、、
梅毒自体の症状に、、、
『認知症』『飛蚊症・霧視』『難聴』
『ネフローゼ』『急性肝炎』『腫瘍の疑い』などなど

 

(ToT)が憑りつき続けてるって、、、?
それはつまり、、、
何らかの利益が得られる?
から?、、、
う〜ん執着心、、かな?
愛情、、、ではないよね?

 

憑りつくほど、、、

【ダーイ(die?)、スキデース(death?)】って?

【行き過ぎた】

行為ではないのでしょうかーーーー

 

そんな特別な存在にはなりたくないです!!!

 

 

 

唯一、、、

ある存在からメッセージが伝わってきた、、、

 

その方が、、、
今世で一番逢いたかった方だったと気がついた、、、

【私はね、いつまでもあなたのお幸せを祈り続けております、、よ、、、、】
って、、、

変な人だからね、、、私は、、、

 

でもね、、
何故だか
【涙が出るほど、、、】
嬉しかったな、、、

 

 

 

何にも還ってこない間柄の人間関係って、、、

、、、寂しいですね、、、

 

それでも、、、生きてかなきゃならない、、、
といけないのだろうか?

 

、、、人道って、、、
、、、なんだろう、、、?

 

ホントに人を大切にするって
、、、なんだろう、、、?


『私も他人を恨みたいなーーーーー』
中島みゆきさんの
南極大陸?のドラマの主題歌がスキ!(^^)!

 

なんか、、、去年から身代わり観音様のイメージに
『モヤっと』したり、、、

 

 

だれかが言ってた
『エフィカシー』を高めましょーーーーー

 

自己肯定って、、、、、

自分だけで一生懸命にやっても、
限界があるな、、、と


自己愛=『自慰行為』ってバカにされるのも分かる、、、


『かわいそう』
って言葉なんかイラネーーーー!!

 

みんなそうでしょ?

【記念日】に欲しい?
そんなコトバ?


『生まれてきてくれて、、ありがとう』

『生んでくださって、ありがとう』


父母に、、、も、言いたかったんだ、、、
心から、、、さーーー

 

未だに心からは言えないんだよね、、、

 

生まれてから私の身の守りをしてくださってる
【ナニカ】
にはいつも感謝をしております

 

守護霊という存在は、、、
ご先祖様が多いのでしょうね、、、

 

御霊【魂】となる日まで、、、
ずっとお守りしていてくださる、、、

 

フィジカルさにおいて、
人に接して、
人間としての【優しさ】
ふれたかった、、な、、、

 

人に優しさをもって思いやる、、、
思いあう、、、とね、、、

 

グループ全体の雰囲気が、
『楽しいね』
って笑顔があふれていくものじゃないのかなーーーーー

 

私が感じる
『幸せ』
って、、、

 

相手からもそういう気持ちが伝わってくるときかな、、、

 

相手の行く末が幸せであることを願うのって、、、、

『お誕生日おめでとう』
に繋がっていくよね?

 

祝いあってるグループ、、、
正直言って羨ましかったな

 

私に限ってですけどね、、、
ホントはね、、、
Facebookのお誕生日機能って
前から
『鬱陶しいな〜』
って思ってました!

 

【Facebook創始者の方の軌跡は、

子供と『ユーチューブ』で拝見しました、、、

素敵なご両親をお持ちの方でした、、、

今でも『m〇diaplayer』はダイスキなんですけど、、、】

 

私にとっては、
本当に大切な人以外のそういうのって
『めんどくせー』から!!

 

でも、、、
【お互いに祝い合う】
ってのは大切ですよね〜〜〜

楽しくなるから、、、

 

お互いに『幸せ💛』
になれるから

 

それが私の本音なのですけどね、、、


昔からの友人たちは、、、

 

まーーー、
誕生日祝いは
卒業後に私はやってこなかったからね、、、

『お互い様!』

って割り切るようにしてる

 

それでも、、、
私が会いたいときには
会ってくださるし、

 

久しぶりに話し合ったり、
笑いあったりして
楽しい時を過ごすことができる

 

それで、私は元気になれる人なので、、、


『ありがたい存在です』


誰だって、
本当にナニカがいただけると、、、


『ありがとう』


って言いたくなりますよね〜〜〜(≧▽≦)


ここのところ、
人様のあたたかい
眼差しが、、、


『美しいな〜』


と感じることが多いです、、、

そういう方々って、、、


『優しいな』

 

時に人生には


『厳しさ』


も必要だろうけど、、、

 

私はね、、、
心が小さく弱ってる人には、、、


厳しい態度で接したくは無い、、のです、、、

 


心から

『甘えられる』

ってイイナ!

 

そういう人たちは
ありがたい存在、、、
なのだろうな、、、


間違えると

『依存』

になっちゃうけども

ホント言葉悪いけど

【寄生】

でしょ?


私はきせーちゅー?
は要らないなーーーーー

人に対して使う言葉ではないから、
不快に感じた人には
ごめんなさい!

 

 

ロゴス、、、

 

人としての言語である、、、

 

今は、、、
『もういいや、、、もはやこれまで』

そう感じているけど、、、

 

今後は、、、
自暴自棄になるのだけは
控えたいな、、、

 

 

 

 

、、、、、、

 

 

 

 

 

未来的:仮想空間で楽しく遊ぶゲームは、、、まだまだだよね、、、

  • 2019.04.07 Sunday
  • 13:12

あなたは、

PC

 

『お願い事』

 

ってどーしてますか?

 

『オッケー!ぐ、◯ーる?』???

 

そこまではいい、、、

検索結果を見ることで得られる知識とか、、、

 

 

 

『パン出して〜、金だしてー、お願い!』

って、、、

 

 

 

出るの?

 

 

 

【スゲーー!そんなんあったら、欲しーー】

 

 

『優しい言葉で頭撫で撫でして!』
って、、、

 

PCからにょーーーんって温かい手が出て、
やってくれますか?

 

 

【奇跡】が人間の技で叶えられるようになるのなら、、、
神職・神官なんていらないと思います!

 

 

 

 


最近やたらと
『人のためになること』
を履き違えてる方々が多くて、、、

 

 

カーネギーメロン大学創始者の
アンドリュー・カーネギー氏は、

 

『人生は、
稼ぐ期間とフィランソロピーの期間
をもうけること!
その時期は人によって違うもの
そして、フィランソロピーとは、
他人に舗装された安易な路を与える行為ではない!』

 

と申しておりました。

 

自分の思考をコントロールできなければ、
行いをコントロールすることはできない!!

 

 

『冷徹なまでに利益を追求する【人道主義者】であれ!』

 

をモットーにしておりました。

 

 

 

 

霊力?神通力?ファンタジーも行き過ぎると、
仮想世界と現実世界の区別がつかなくなるのだろーな、、、

 


夢とリアルの区別のつかない症状、、、

 

精神的な境界障害?立派な精神病ぽくね?

 

それと、人格的な境界障害?ってのもありそうですね
自分が誰だか分からない症状、、、多重人格者様症状?

 

、、、最近では、、、
見ていて危なく感じる人がいっぱいいるな、、と、、、

 

 

いや、、、専門家ではないから、、、

 

感じるだけ、、、
なんとなく、、、なんとなく、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【とある大病院の東洋医学陰陽科???

ドクター陰陽師??による診察はーーー?のお伽話】

 

 

 


『△▽さん?、、どうぞ!』

 

『どうされました?』

 

 

 

『、、、うん、、、うん、、、、うん、、、
どこの科のセンセーに診てもらってもダメ?』

 

『うーむ、カルテにある症状はーー、、、、、?』

 

『体が怠い?、、、たまに視界に黒い影?』

 

『あーーーネガティヴになってくる、のね、、、
ま、、体質もあるからねーー』

 

 

『ちょっと失礼、、、みえ〜る卿(鏡)で視るからね』
(ちょーしんきみたいだな)

 

診ながら、、、

 

みえ〜る、みえ〜る、、、【呪文みたいだなぁ^_^;】

 

 

『、、、、、』

 

『、、、最近、、、自殺の名所に行きましたか?
もしくは、、、事故現場に遭遇しませんでしたか?』

 

『、、、、、』

 

『、、、、、』

 

『思い出した?、、あー、、、やはり、、、ね』

 

『あなたがね、、、優しそうだったから、
憑いてきちゃったのだそうですよーーー』

 

『、、、ご一緒に逝ってくださいって、、ご希望だそうで、、、』


『誘われておりますよ、、、

このままだと、、、、、
、、、あなたも、、、』

 

『どうしたいですか?』

 

『あーーー見ず知らずの方なの?、、、あ、そう、、、』

 

 

『とりあえず、、、処方箋出しときますね、、、』


『こちらの清め塩と清め酒、、、
お風呂に入れて入浴してね、、、
数回分、、と、、

気分が上向いてきたら、いいかな、、、』


『、、、それでも駄目なら、、、』

 


『精密検査しましょーーー!!』

 

 

『お帰りは、あちら、、、お大事に〜〜〜、、、
はい、、次の方!』

 

 

 

 

 

 

 

 


わたし、、、子供の頃はね、、、
病院に行くのは大好きだったの

、、変でしょ?

 

行きつけは近所の小さな診療所だったから、、、

 

当時処方箋は紙に包んであって、

 

帰りに紙石鹸とかおまけで貰って嬉しかったな〜

 

 

そして、大きい病院になればなるほど、、、
ワクワクしてた、、、


入院した時には、探検したり、、、

 

忙しい看護師さんには迷惑だっただろうなーーー(;^ω^)

 

珍しい医療機器とか、『何ですか?』って質問したり、、、
ドクター?には中々聞けないから〜〜〜

 

 

病院内を【ふらふらクラゲ】するのが好きでした、、、

 


 

なんかね、楽しいのーーー

 

途中で患者さんに話しかけたりして、、、
笑いあったり、苦労話聴いてみたり、、、
いや、、、イチ患者だからーーー

 

漂ってるだけ〜〜クラゲ、、、?

 

気がつけばナゼか、、、

 

 

、、、霊安室の前、、、、(*_*)

 

 


おんなじよーなこと、、、してる人、いた!

 

だいみょーぎょーれつ?だったけど、、、


同じ白でもニョロニョロの行進の方がいいなぁ
ビリビリするけどね(参考:ムー〇ン谷の仲間たち)

 

 

今では、、、
『とある原因』で、
病院アレルギー、、、
になってしまいまして、、、

 

しんちょーに病院に行っております、、、

 

 

 

やっとたどり着いた結果、、、


欲望も感情も
マインドコントロールによって、
制御できるのだな〜って、

自助抑制っていうべきかな?

 

 


※ 吾唯足るを知る
『高瀬舟』−−森鴎外さん--


私の乗っている舟は
高瀬舟となるか、、、

 

それとも

 

宝船となりうるのか、、、

 

 

乗り合い船はいろんな人たちとの
出逢いと別れのドラマを繰り広げていく〜〜〜〜


 

リテイクは無しで!一発OKって気持ちイイネ!!

  • 2019.03.15 Friday
  • 11:15

こんにちは(*^^*)

まいどおーきに!樹音香ですわ

 

 

先日こしらえたかき餅、、、

 

懐かしさと美味しいので、
バリボリと食べ過ぎ、、、


胃もたれ、、、(*´Д`)

 


しかも昨日、
むしゃむしゃとしていたら、


歯に芯が残って、、、

 

多少の餅の芯くらいなら、
力任せに噛み砕くのですけど、、、

 

どうも感触が餅っぽくない、、、

 

口の中から取り出してみたところ、、、

 

『歯にかぶせていた銀、、、』

 

 

歯医者さん、、、
行かないとなーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

【とある日の兄弟、、、のお伽話】

 

 


ある兄弟TさんとHさんが、

電話で旅行計画の話をしながら
インターネットで観光名所の検索をしておりました。

 


T:だいたいの旅行程で
観光名所は調べといたよ、
ちょっとネットで検索して、、、

 

 

H:おっけー、〇〇ね〜〜〜

 

 

T:まず、観光協会かな、、、

 

 

H:うん、うん、、、

 

 

T:ちょうどお花見シーズンやから、
そこの土地にあるお城が名所になってる、、、

 

 

H:お城ね、、、にんにん城やね!

 

 

T:そうそう、、、
天守閣に入れるんは4時までやったかな、、、

 

 

H:いいね、開花にちょうどいい、、

 

 

T:あっ!

 

 

H:?

 

 

T:城下町でお祭りがあるみたい!
詳細確認したいな、、、

 

 

H:あ、、、あるよ、お祭りの記事、、、
えっと、、、

 

『お城から飛んでくれる!』

 

 

 

T:、、、お城から、、、飛ぶ?、、、

 


H:あ〜〜ごめん、リンクやわ、、、
城下町のお祭りって文字んとこ、
クリックして、


別窓で(別ページへ)、、、

 

 

T:『飛べ!』っていうから
びっくりしたよーーー!


お城から、、、飛び降りるのかと思った、、、

 

 

H:ははははは
忍法【ムササビの術】ってか(≧▽≦)

 

 

T:そうそう(≧▽≦)

 

 


T&H:ありえねーーーーー(大笑)

 

 

 

体張ってる役者さんだと、、、

監督冥利につきますか、、、ね?
あくまでもイメージ、、、ね

最近は

『カンチガイしちゃう方』

が多いから(;^ω^)

 

 

ちびこいりうのひげたま(^^;

  • 2019.03.10 Sunday
  • 18:09

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

 

 

私は埼玉県出身です〜

子供のころから、


『武蔵国一宮:氷川神社さん』

には、


お正月や行きたくなる度に

参拝に行っておりました。

 


七五三も、、、確かここでした、、、


しょっちゅう行ってた割りには、


【ココ】だけ知らなかった、、、


という場所があった。

 

2年前の参拝で、

初めて行きました。

 


そこは、
氷川神社の敷地の端の方にある、


 

 

 『蛇の池』
 


今まで気が付かなかったのがフ・シ・ギです、、、

 

蛇の池参拝に行く途中

細長い葉っぱが茂る草の塊がそこかしこに、、、

 


あとで調べたら

 

『リュウノヒゲ』

 

という植物でした。

 


 『リュウノヒゲと藍の珠玉』
 

【リュウノヒゲ】


クサスギカズラ科 ジャノヒゲ属
学名【羅語】:Ophiopogon japonicus
花言葉:変わらぬ想い 不変の心 深い思いやり

 


参拝後、気になっていたので、
近所の植物園で見かけたときに
即購入!、

 

うちには、
何鉢かあります。

 

今年は、
花が咲いて、
青い実がたわわに実りました。

 

 

美しい

 

『瑠璃色』

 

で、、、

 

ラピスラズリ?の色

 

西洋画家では、
ラピスブルーで有名な
フェルメール氏

 

先日まで
展覧会をやっていたっけなーーーーー

 

と思いを馳せて、、、

 

主人と行こうねって話していたのですけど、

上野???

展示期間は終わってしまったみたいデス、、、

 

 

リュウノヒゲ、、、
初春の今
まだ実はついておりますけど、
藍色の外皮は少ししなびてきてます。


青い実の外皮を剥くと透明な珠が顔を見せ、
跳ねるという文献を見たときに、

 

『スーパーボール並み』

 

のイメージ妄想がしたので、
床にぽ〜いっっと。

 

ピョコっと少し跳ねました。

 

 

それほど跳ねはしませんでしたが、

 

『なんだかカワイイな』

 

ってニコッとなりました(*^^*)

 

 

なんだかね、、、
たわわに実るのを見たときって
本当に幸せになりますね〜〜〜


変な人なんだろうかな?、、、
私は、、、(^^;

 

 

『蛇の池』は
埼玉県の見沼代用水の源泉とも、
いい伝えがあるそうです。

 

『蛇』といえど、、、

 

水を司るナニカは、

水神=龍神の気がしてなりませんけど

 

清らかな水がスキなようで、、、


そういえば、
数年まえに家族で御嶽神社には数回行きました。

 

御嶽山(奥多摩のそばで、家族では何度か宿泊した)

山歩きをして多摩川の源泉を訪れたとき、

 

山葵【ワサビ】が青々と葉を茂らせて育っていた

 

多摩川も源泉では、

まだまだ清いのだな〜と

 

都内を流れて東京湾に流れ着くころには、
結構濁っていくけどね

 

源泉湧き水で淹れたコーヒーは格別であったな〜〜〜

二回目に訪れた時には、
その店を見つけられなくて、、、

 

フ・シ・ギだった、、、

 

御嶽神社にはケーブルカーで登るんです。
歩いても登れますけど、、、

 

ケーブルカーの乗り場まではバスで、
スイカとかICカード使えるんですね、、、

 

なんか、、、

 

宿泊したお宿から見える夜景が、、、
新宿の灯りとか、、かな、、、

 

耳を澄ますと、、、
夏の虫の聲、、、

 

東京都って気がしませんでした

 

 

パワースポット化?
されているようで、
人が沢山いる場所には
行きにくいから、、、

 

行けなくなりました、、、けど

 

 

とか
なんか『利』
が得られるからって
誰かになりすます行為より

 

自分の【光る珠】磨く方がよくね?

 

憧れること、、、

 

特に対人【たいひと】として憧れることは、
『自分でいられなくなる行為』となるうる

 

それは、

いきすぎた行為にもつながっていく気がして、、、

いつか、、、

 

まだ、

 

『本当の自分の性格』

 

を覚えているうちなら、
間に合うんじゃないかね、、、

 

『ありのままの自分』

 

に戻ることって?、、、

なんでしょうかね?

 

コスプレって、
場所の規制さえ創れば楽しいでしょ?

憧れの『ナニカ』
になれる
仮想空間、、、

 

そこかしこで、
いたづらしちゃうぞ〜〜〜では、、、
苦虫噛みつぶす人もいるってこと、かなぁ、、、

 

ハロウィンも、
いいとこどりならいいんでしょうけどね、、、

 

あ〜〜〜あ
いろんな楽しいことって、
『リスク』も、
ちょいあるんでしょうな〜〜〜===3

 

今は無き神〇精養軒の
『パンプキンパイ』
が好きだっただけに、、、

 

なんとも、、、

 

 

 

 

 

 

【あるサッカー場での、、、お伽話】

 

 

 

サッカー少年のD君

ある日の試合会場で、、、

 

 

D君:あれ、僕のボールが無いっっつ!


仲間全員:ん〜〜〜、どしたの?


D君:僕のボールがなくなってんの、、、(?_?)


仲間の一人:そいえば、さっき試合した相手、
お前と同じデザインのボールを持ってたな、、、


仲間全員:みんなで聞きに行ってみようぜ

 

 

D君と同じデザインのボールを持ち続けている
相手チームの誰かを見つける、、、

 

仲間の一人:あ、Dの名前だ!

 

 

仲間全員:君の持ってるボール、、、

返してくれないかな、、
あいつの名前あるでしょ?

 

 

 

 

 

同じデザインのサッカーボールって、
結構あるんですよ、、、

 

流行りのサッカーボールならなおさら、
『かぶる』、、、ことも多い!


 

ミズフーセンは投げつけて遊べ!

  • 2019.03.10 Sunday
  • 04:07

小学校の時から駄菓子屋さんの常連だった私、、、

 

駄菓子屋さんで売っているもの、、、
お菓子以外もあって、、、

 

中学生くらいの頃だったかな〜

 

水風船(色とりどりの小さな風船)に水を入れて、
友達と遊びました。

 

『投げ合う』

 

のですけど、
とーぜん当たって割れれば、
中の水を浴びるので濡れます。

 

狙い撃ちされて
たくさん受ければ受けるほど、

 

びしょぬれですわ、、、

 

風船に水を入れるときも、
たくさん入れれば入れるほど、

 

投げつけて
相手に当たれば、
割れやすくて、

 

一回でびしょ〜〜〜

 

ただ、水入れすぎると、
入れてる途中で
風船が耐え切れずに割れてしまう、、、

 

水が少なすぎても問題アリで
割れにくくなる、、、

 

 

まー、男の子たちほどは
遊ばなかったけどなーーー

 

 

 

 

 

 

 

【水フーセンで遊んでるA君とB君とC君のお伽話】

 


A君:もっと膨らませようぜーーー


B君:いーねぇ


A君:すっげ、でっかー


B君:あいつ狙おーぜ


A君:おーよ、、、うわっつ!

 

 

A君とB君:割れちった、、、

 

 

 

C君:なにしとんの?
二人で投げ合ってん?

 

 

A君とB君:おまえこそ、

同じの何個膨らませてんだよ!

 

 

 

ばーか、ばーか、、、

 

 


たのしーねぇーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ミズフーセン】

 

何となく、、、
人としての

 

『器』

 

というのが思い浮かんだ

 

誰でも
考え方の差があるのは必須ですけど、、、

 

私は、
人の器とは、

 

『替えられないもの』

 

だと思っております。

 

 

自分が他人にはなれない、
すり変わることができない、、
のと似ているな、、、と。

 

器の大きい小さいは、
器量によるもの、、、

 

生れつきかな、、、

 

ミズフーセンのように
水=【想い遣り?】
をたくさん入れて、
膨らます、、、

 

人の『良いご縁』だと、
お互いの想いで、、、守り合う???

 

風船の方も強化されつつ
大きくなっていく気がしてなりません。

 

無理やり大きく膨らますと、
フーセンは、
ゴムの壁が薄くなるから、
いつか耐え切れなくなって

 

『ぱっちーん!!』

 

と破裂してしまう、、、

 

 

対人、、、人のご縁には、
悪縁と良縁がありますね

 

人は年をとればとるほど
気の置けない友人も減っていくもの、、、

 

葬式の弔問に来る人がどれほどなのかで、
その人の人生における
力量と人柄が偲ばれます。


人には分相応不相応があります。

 

自分の力量を知ること、、、

 

ふと目に付いたのが、
森鴎外先生の

 

『高瀬舟』

 

いや、本ではなくて
スマホアプリの
『朗読と音』
でなのですけど、、、

 

文豪の作品が音声と文で楽しめるので、
聞き流して家事とかできて面白い!

 

 

私は、、、
今は座布団二枚の目線がちょーどいーなぁ〜

 

え?何かって?

 

あーパソコンのモニターの高さです、、よ(*´Д`)

 

 

 

 

揚げ餅、、、

 

子供の頃に祖母と母が作っていました、、、
思い出して再現!

 

お餅を砕いてしっかりと乾燥させないと
硬い芯が残るけど、、、

 

試しに揚げてみた、

 

弾けるのが怖くて、、恐るおそる、、、

 

出来上がりは、、、
市販のおかきよりちょい油っこいけど

 

 

『こんな味だったなぁ〜(^v^)〜*』

 

菱餅だったから、
三色!

 

 『かき餅』
 

【3/8】伊太利亜ではミモザの日

  • 2019.03.08 Friday
  • 16:45

 

 

日本の歴史には、
いろいろな舶来の物事が
入ってきた時期があります。

 

多分、明治初期頃になるのだろうか?

 

アカシアの木もその一つらしいです。

 

日本では『アカシア』と呼ばれている植物は
数種あり、

 

その一つに

 

『ミモザ』

 

があります。


別名:銀葉アカシア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生け花でも花材になるそうです。

 

冬が明けて温かくなる今頃に花開き、、、

金色の小さな花をたくさん咲かせます。

 

まるでそこだけ輝いているような、
春の陽光を感じさせます。

 


 


今日は3月8日

 

西洋、、、
特にイタリアでは男性が女性に

 

『ミモザの花を贈る日』

 

そして、
後世になってからは、

 

『女性の日?』となり、

 

今日一日は、
家事などを離れて
ゆったりと過ごすことができる日
なのだそうです。

 

素敵ですねぇ(^^♪

 

 

日本には、

 

 

【無いなーーーーー】

 

 

 

クリスマス

バレンタインデー

 

 

あるのになーーーーー

 

 

最近だと
いたづらしちゃうぞ〜〜〜デイ?

 

 

個人的には
サンジョルディの日がスキですな〜〜〜

 

本や花を贈り合うのだそうです。

 

 

何年か前に流行った
365日誕生日の本によると、

 

私の誕生花は
シャムロックの花(シロツメクサ)
いわゆる
【三つ葉のクローバーの花】

 

本はもうありません。
なくなっちゃいましたーーーーー(^^;っつっ

 

 

 

 

 

 

 


【アヒルタイチョーとエヘンショーグンの会話の盗み聞き、、、お伽話】

                                  『タイトル長いな、、、』

 

 

 

 

エヘンショーグン:あー、えへんっ、えへん!
アヒルタイチョー、
最近はあのご婦人を見かけんねぇ、、、

 

アヒルタイチョー:あの?ご婦人とは?

 

 

エヘンショーグン:自転車で軽やかに走り回って、
にこやかに挨拶しちょった、、、ホレ、あの、、、

 

 

アヒルタイチョー:あーーー、
あの、、ハイカラな袴姿のご婦人ですね!

 

エヘンショーグン:そうそう、、、
メガネが似合ってた、、、、、

 

 

 

チリン、、チリン、、、

 

ハイカラ婦人:こんにちは(*^^*)

 

 

エヘンショーグンとアヒルタイチョーは顔を見合わせ

 


ご、、ごきげんよーーー

 

 

アヒルタイチョー:ウワサをすればですね、、、


口元にグーの手を当てて、

エヘンショーグン:えへんっえへんっ、、
まーーー、、、

 

 

アヒルタイチョー:そういえば、なんとなく、、、

 

エヘンショーグン:?

 

 

アヒルタイチョー:いつにもなく、

雰囲気が暗い感じでしたね、、、
なんとなく、、ですけど、、、

 


エヘンショーグン:、、、、、

 

 

二人ともそれ以上は何も言わず、、、

 

 

ただ、、、

 

メガネ、、かけてなかったな、、、

 

と、、、

 

 

敵の武将を討つならば、まず、、、馬を射よ!!

  • 2019.03.03 Sunday
  • 10:40

【ある日の黒ネズミ、、、のお伽話】

 

 

 

 


ある年の瀬に、
二人連れの旅人が

道中目撃した、、、とある事柄、、、

 

 


とある土地の鎮守の神様に参拝する途中、
連れが黒ネズミの親子を見つけました。

 

 

連れ:ちょいと珍しい小ネズミですよ、
見ていきませんか?

 

気が付かない相方に声掛けして、
一緒に成り行きを眺めておりました。

 

親子の黒ネズミ、

 

よく見ると
親の方は動かない、、、

 

死にかけているのだな、、と

 

 

子ネズミはしばらくは
親ネズミのそばを離れようとしなかった、、、

 

 

相方は、、、
すっと意識を切り替えて、
歩きだそうとした、、、

 

次の瞬間、

 

子ネズミは親ネズミから離れて、
静かに別の方向に歩きだしていった、、、


相方:『おそらくあんな小さな子ネズミでは、
この先、生きていけるかどうか、、、

ただ、

人間よりも現実を受け入れるのが早いのはDNAかな?
動物的な本能かもしれない、、な、、、

 

、、、先を急ぐとするか、、、』

 

 

歩を進めながら連れに、
黒ネズミの行動を話すと
連れは戻って見に行った、、、

 

 


や〇きた道中?、、、
は、

まだまだこれから、、、?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【命】

 

って、

一瞬の状況理解と判断で生死すら分けることになる。

人間はそんな事はほとんどないけど、

 

【他の生物たち】

 

例えばネズミの世界では命の危険な敵が多いから
あんなちびこいのが生きていくには、
酷な事だろうな、、、

 

それが弱肉強食というのなら、
この世のことわりだし、
自然なことなのだろうな、、、

 

では、人の持つ
【可哀想】=かわいそう
って感情とは一体なんだろう、、、な、、、

 

ネズミの世界には無いだろうなぁ、、

 

多分、、、

人って

 

『可哀想』

 

って一瞬だけ持つ感じがする、、、
持続性が無い感情だなぁ、、、とも思う

 

可哀想、可哀想って、、、

 

『可哀想そうに思われたい?』んだろうかね?
なんかお徳なことでもあるんだろうか?

 

私は自分で自分が可哀想って思うのは嫌いなんだ
他人から持続的に可哀想って思われるのも気持ちが悪くて、、、

 

否、、一瞬思われるのはありがたいんだ、、、
けどね、、、天邪鬼かな、、(苦笑)(^_^;っつ

 

今の自分の現状が他者の目によってわかるから、、、なのだけど

 

ただ人って『可哀想な人だ』と相手に対して思うけど、
だんだんと、『うーむ、でもな、、、』という
別の想いが浮かんでくる

 

【可哀想】

 

って感情が可哀想な人を救うわけでもなさそうだよな、、、

 

私の場合、
可哀想って思った人だって
私に対して何かしてくださるわけでもなかったし、、、

 

『想う』

 

だけなら誰にだってできるんだろうなーーー…(、、遠い眼差し、、、)

 

あーーー、
キツイかもしれませんけど、、、
映画やドラマを視て
『泣きたい』
だけ?
と、おんなじなのかなぁーーーって、、う〜ん、、、

 

 

私の考えは、、、

 

可哀想な想いを持つのもいい、、
持たれるのもいい、、

 

【ずっと可哀想に思われる】のはある意味で

 

『勇気くじき』なのかもしれないな、、と。

 

だって『可哀想な私』がずっと居続けることになるから

 

最重要なのは『自分を勇気づけること』

 

可哀想と思う他人ではなくて、
可哀想に思われた人、

要するに自分(当事者)がその悲しみを超えて、
肝をすえて

 

【腹に落とし現状を受け入れること】

 

自ら少しずつ

【小さな小さな一歩でも歩きだそう】
と【思う】ことから、

 

【それでもこれから生きていこうとする勇気】

 

につながっていくのだろうな、、、と。

 

『生き続けるのはいい事ばかりじゃない、
辛いことだってある、
生き続けていく【勇気】が
人としての【強さ】に繋がるのだろうな』

 

だから他人からの

 

『人間なんだから、生きていかなきゃいけない』

 

って言葉に対して無責任な言葉だなって思ってたんだ、、、
いつも

 

【なんで?なんで生きていかなきゃならないの?
こんなに苦しいのに、、
この苦しみがわかんないアンタなんかに
ナニがわかるっていうの?】

 

『なぜ人が生きていかなきゃいけないのか、
わかるんなら答えてみやがれ!』

 

って投げ返してやった、、悔しくて、、、
みんな他人がなんで生きてかなきゃいけないのかなんて、
わかんね〜の、自分ですらわかんね〜でしょ?

 

私にだって他人さまが何しに生まれてきたのかなんて、

わかんね〜もんよ、、、


どうにも、

やっぱ『アドラー心理学』につながってくんだよな、、、

 

 

アルフレッド・アドラー氏は、
確か、、、

 

【愛のタスク】

 

だけ、
コンプリートできてなかったと聞いたことがある

 

他人からのあーだこーだって、
ホントに余計なお世話、、でね、、

 

『蛇足』

 

なんよ、、
(あっちょ○ぶりけ)したいわ、、、

 

私もお節介だから、

たま〜にやってしまう、、、けども、、

 

その度に、

『課題の分離、、、』

って浮かぶ、、、


反面教師だと捉えていければいいかな?


この先『足を引っ張り合うご縁』は要らないな。

 

奪ってやろうって

 

『クレク〇タコラ人』

 

よりも

 

『逢いたい気持ちだけ』

 

で接してくる人ってあったかいなぁ
【優しいな〜】
ってありがたくなる

 

昨日は、

食事で同席した
可愛いちびこいのに
『ありがとうございます』
って投げかけられて
とても嬉しかった(#^.^#)

 

私も、ちょい、勇気を出して話しかけてみたんだ、、、

 

 

2019年からの抱負
今まで『ガンガンいこうぜ!』だったから
これからは
『御命【御靈】大切に!』
で生きます、

 

いつも守護してくださる方々には感謝します!

 

 


こちらは

今日は雨降り、、、

 

さながら

 

時雨、、、

 

『春時雨』
とでもいいましょうか、、、

 

そして、

 

『ひぃなまつり』

 

女の子のお祭りですね

 

懐かしい、、、

私がちびこい時の
父母さま方からの想いとともに、、、

 

お育て下さりまして、

ありがとうございました!

そして、

これからも

お見守りくださいね!

 

漫画やイラストなど こそこそ描いてます!(^^)!

 

こちら↓↓↓


陰陽絵巻お伽草子

関西では『アメちゃん』っていうんかね、、、

  • 2019.02.28 Thursday
  • 12:40

先日、父と一緒にお医者さんに通院しました。

 

 

診察は前回の検査結果の説明。

 

やはり、
もう少し踏み込んでの検査が必要なようでした。

 

なかなかね、、、
最近のお医者さんって

 

患者さんの意見を尊重する立ち位置のせいか、

 

やったほうがいい!

 

と強くいえへんのかな、、、

 

 

それでもね、

父自身が安心するためには、
という前提で
ご説明してくださりました。

 

私も解剖生理学だのを勉強してきたから、
専門家ではないけれど、、、

 

腹の中の状態っていうのは、
目視しないとわからないのは知っておりました。

 

そして、
病気の進行を防ぐには予防が必要。

 

その一つとして検査をする。

 

ほおっておいて、
血を吐いてから(表面化してから)では、
身体の中は結構酷い状態になっていることが
ほとんどだと思います。

 

いろんな病気で言えることですよね、、、

 

最悪状態になると、
いろんな意味で大変な思いをするのは
本人だけではなくなります。

 

そうならないための検査、、、

 

その時の検査費用は、
健康維持の投資だと、
私は思っております。

 

早めの発見で治る病気が治らなくなるのは、
自分にどういったお金の使い方をするか、、、

 

だと思うのです。

 

 

私はああいうセンセイは好きなんやけどね、、、

 

怖い口調?で話されていたけれど、、、
優しい目を細めていらした。

 

私が子供の時に世話になった
昭和の診療所のお医者さんのようなお人柄で、、、

 

 

仕草で、お伺いを私にする父には

 

『検査費用の心配をする必要は無い』

 

と目で合図して、、

 

先生にお願いすることにしました。

 

 

父が躊躇したのには、

 

『怖さ』

 

もあるのだろうな、、、
と思い

 

私は何回胃カメラ飲んだっけなーーー?
と指折り数えていたり、、、

 

誰だって初めての検査は怖いからなぁ、、、
とも思いつつ、、、

 

 

 

会計を終えて外に出て、
まだまだ冬の、
冷たい残り風が感じられて、、、

 

『昭和枯れすすき』?=> 知らない人は、”おっけー!ぐー〇る”で!

 

頭の妄想はつきないな、、、

 

 

 

 

途中、
施設への帰り道で、

 

見知らぬお兄さんにお声をかけられた、、、

 

 

不信そうな目で私は睨みつけた、、と思う。

 

 

その殿方は、

 

『人間、こんなんなっても生きてかなきゃ〜、、、
私は左足が悪くなっちまってね、、、
年にはかないませんや』

 

って、、、

 

なんだか二人とも悪い人には見えないし、
暗い顔して歩いていたから、
声かけただけ、、、と。

 

 

私:『おいくつですか?』

 

兄さん:『80です』

 

とても80代には見えないほど、
生き生きとしたお顔と綺麗な目をしていました。

 

家族もいらっしゃるそうで、
未だに現役で働いているそうです、、、

 

 

私:『そうですか、、どうも、、、』

 

と背を向けて歩きだしたとき

 

 

兄さん:『がんばって生きていこうよ!な!』

 

 

不意に背中に投げかけられ、、

 

こらえていたものがあふれて、
振り返れなかった、、、

 

『ありがとう、、、』

 

と手だけふるのが精いっぱいでした。

 

 

関東圏で、
こういった風に話しかけられたのは
初めてだったから、、、

 

意表をつかれてしまった、、、

 

 

 

外出先で
見ず知らずの他人に話しかけるのは、
勇気がいりますよね、、、

 

白い目で、、、
『変な人、、、』扱い、、、

 

今はそういう風潮の世の中だから、、、

 

 

もし、あの時、、、

 

私は、
兄さんに対して知らん顔する
選択肢もあった、、、


でも、あの兄さんの目を拝したとき、
なんとなく話をしてみたくなった

 

 

ほんの少しの勇気で、

 

『尊い言葉』

 

をいただけるのなら、、、

 

 

お互いに顔を上げて

 

『相手を見ること、、、』

 

 

アドラー心理学でいう

『勇気づけ』

『勇気くじき』

なんとなく浮かんだイメージ

 


いただいた優しさを
お返しするのは
その人でなくてもいい

 

 

その

 

『優しさ』

 

を自分にご縁のある方に

 

『お分け』

 

するだけでいい

 

 

いつか巡り巡って
あの兄さんとこにも
還っていくことになるだろう、、、な

 


忘れていた
『心』
が震えてしまったひと時でした(?_?)